二週目に入りまして、いよいよ後半戦です。
今回は、Future Concept Labの行っているリサーチの一種だと思うのだけど、表現方法を8パターンに分けてご紹介。
マルコポーロがヴェネツィアから中国へ行ったように、USBだのWifiだのの規格がグローバルスタンダードであっても、見た目と同じく産業も違ってユニークなのです。
ってことで、世界各地の事例も紹介。(東京も沢山あって、なんか嬉しかった)

1)Divine Pandemonium(神の領域なる無法地帯)
2)Priceless Set(お金では買えない体験)
3)Tiny Flora(小さな生物的アプローチ)
4)Lateral Nostalgia(ある種のノスタルジック)
5)Euphonic Template(幸せのテンプレート)
6)Reliable Fake(真実のような偽物たち)
7)Virtuous Re-form(高尚なる再編)
8)Freak & Science(奇妙さと科学的アプローチ)

もう、タイトルの英語が難しすぎて泣きそうだった。(和訳はうさこ流、すみません)
タイトルを説明するサマリーも全然理解できず。
辞書ひきひき。

残念ながらこの回のプレゼンデータはもらえなかったので、うさこのノートから。
すごい量で、わっさわっさ流して紹介していったから欲しかったんだけどなー。



1)Divine Pandemonium(神の領域なる無法地帯)


パラダイムシフト的なこととかかなぁ。

【MOVIE】
・W+K
上海のデザインとはなにかの動画?
先生が、言いたいことは全部この動画が語ってる、と。


【例】
・公園
・lightboys.de
写真をプリントしたのはいつ?
・anrealage.com
森永邦彦さんのドット的なファッション。

【地域例】
・サンパウロ「Cine Joia」
2Dだった映画を3Dに投影
・ブエノスアイレス「Bandoleiro」
・リオデジャネイロ「Maximum Silence」
インスタレーション

【まとめ】
・クリエイティブは感覚からできてる
・シンプルで解りやすいものが深く感動させる


【MOVIE】
・TATE ロンドンのデザイン会社??のムービー(たて、じゃなく、テイト)

その他 MAXXIという21世紀の新しい形の美術館が面白いよ

2)Priceless Set(お金では買えない体験)


ラグジュアリーとは、体験。お金で買えるものではない。

【MOVIE】
・BEST BUY

【例】
・草間彌生のインスタレーション
みんなが参加することで、自分をアーティストだと思わせる。
マリアブレアも去年ミラノでインスタレーションをしていた。
・www.lucasmaassen.nl(LUCAS MAASSEN & SONS
三人の息子たちと作る作品
・printerest(https://pinterest.com/
モジュール的である小さなラグジュアリー。無料なのも大事。リサーチにもよい。

【地域例】
・北京「BNC(Brand New China)」
若い中国のデザイナー
・東京「Decoqlo」
ユニクロをオートクチュールに
・ロンドン「The Peoples' Supermarket」
デイリーラグジュアリー

【まとめ】
・新しい職人的ロジック。ハンドメイド
・ストーリーや技の積み重ね。
・個人的な創造性。ユニークであること。体験的であること。

【MOVIE】
・バドワイザー
色々なヒストリーの側に、いつもバドワイザーがあったという表現(ストーリー性)

3)Tiny Flora(小さな生物的アプローチ)


ミニマルなオーガニックリズム。

【MOVIE】
・NOW LESS
タトゥーを施した体に、蝶がとまっている。
蝶は綺麗だけど、自分の唇なんかで歩くことを想像するとちょとぞっとする。
タトゥーは綺麗だけど、針を刺す。
デリケートで綺麗なコントラスト
めっちゃきれいだったのでビデオ探したけど見当たらず。

【例】
・The Pothole Gardener(http://thepotholegardener.com/
小さな庭
・toHOLD Earrings(TOHOLD LIVE PLANT EARRINGS
植物のイヤリング。耳から水をとっているような感覚。
何かが身体で育っているという怖さ。
・Plant for the Planet(Every leaf traps CO2
落ち葉にレーザーカッターで絵を描く

【地域例】
・ベルリン「vegans」
・ロンドン「Urban Garden Collection」
野菜の完成系をうるのではなく、持ち帰って育てて食べられる状態のものを売る
・東京「Funghi Gardening kit(なめこ)」
キャラクターを使ってる。

【まとめ】
・ミニマルでシンプルな植物世界にインスパイア
・行きている体系。神話的
・デリケート

【MOVIE】
・VIGOR PLANTS
ちょっと皮肉っぽさもある。自然は難しい。


4)Lateral Nostalgia(ある種のノスタルジック)


90%は過去にあったものだよね。

【MOVIE】
・アウディ モノクロからカラーになる
ノスタルジーじゃないけど、ノスタルジックなアプローチ

【例】
・Blue D1653(www.blued1653.com
セラミックの会社
・www.ingejacobsen.com(http://www.ingejacobsen.com/
・Barena
ベニスの会社。昔からある会社だけど、リデザインしてユニセックス。
バイクや自転車に乗る人向けに?

【地域例】
・サンパウロ「Dalva e Dito」
目的の為に手段を選ぶ
・ベルリン「Daumenkino」
living book ビデオを持っていったら自分の絵本(パラパラ絵本)を作ってくれる。
・ロンドン「House of Hackney」(http://www.houseofhackney.com/
室内のファブリックがすべて紙でできている。家具、布団、枕……

【まとめ】
・物語の記憶
・例外と和解
・細部の純化したコンセプト

【MOVIE】
・Virgin mobile
男のが小さな時から宇宙旅行をしているいままで、音楽とともにあったストーリー
どこかレガシー

5)Euphonic Template(幸せのテンプレート)


情報を共有することで、ハッピー。

【MOVIE】
・Little Printer(http://bergcloud.com/littleprinter/
情報を物理的に形にする。これすごく可愛い!

Hello Little Printer, available 2012 from BERG on Vimeo.



【例】
・Shift Pastoe
ストレージシステム
・Manila Shawl by Gurmornin
・Cafe Brasileiro(http://www.thedieline.com/blog/2012/1/3/cafe-brasileiro.html
ブラジルのイパネマビーチの模様をパッケージにあしらう

【地域例】
・北京「Natooke」(http://www.natooke.com/
自転車のパーソナライズ
・東京「Steteco」
スタンダードで伝統的なものを超カラフルに
・サンパウロ「Koni Store」(http://www.konistore.com.br/
ブラジル寿司。日本外での最大の日本コミュニティがあるブラジルでの寿司。テマキーニョとか

【まとめ】
・アイコン(=テンプレ)、キャラクターが安心させる
・似たアイコンの中のベーシックなものが安心させる

【MOVIE】
・British Airlines
スーツケースの動きを、ステレオタイプなオリンピックなどの競技の中継にみたてている。


6)Reliable Fake(真実のような偽物たち)


真実を踏襲することによって信頼を勝ち得る

【MOVIE】
・TomTom voices
さまざまな研究を発表してる的なムービーを子どもでやっている。エイプリルフールネタ?


【例】
・Noemie Goudal Photos
真実か幻想か解らないエフェクト
・Honest Logos Project(http://www.viktorhertz.com/50717/439429/gallery/honest-logos
ロゴをアレンジ利用して企業について説明(これは知ってた)
・Leghila Bags
クラシックな鞄をリメイクして再構築
・Baby Acapulce

【地域例】
・ロンドン「Jamie's Italian」
英国人のジェイミーがイタリア料理をアレンジ
・北京だったかな「Kosta Bode」(http://www.kostaboda.com/
中国でのスウェーデンデザインのプロジェクト

【まとめ】
・偽物であることの重要性
・ユニークな内容
・ほんまもんのにせもの

【MOVIE】
・theguardian 三匹の子豚をあしらって新しいテクノロジーを説明
http://www.guardian.co.uk/media/video/2012/feb/29/open-journalism-three-little-pigs-advert

7)Virtuous Re-form(高尚なる再編)


ゴミと高尚のギャップを美的な体験に再編

【MOVIE】
・Dump the big six
火力発電の煙突達が、擬人化されていて、崩れていく。
火力発電から風力へと言うメッセージ


【例】
・Subtractive Wall Art
取り壊される壁に絵を描く

【地域例】
・ロンドン「Ento Box 」(http://www.eat-ento.co.uk/
昆虫でできている食事
・東京「ラフォーレ」
紙でできている。今ZARAの入り口のとこも、プラスティックのゴミ的なものでつくられてるよねー。とか。
・アムステルダム「Sukha」(http://www.sukha-amsterdam.nl/
すべてリサイクルされた材料でできている
・ニューヨーク「Governor' Island」(Governor' Island
オープンな公園で、オールドスタイルなことをしてる。ポロとか。
・ベルリン「Change Box」
不要になったDVDとかを交換するボックス

【まとめ】
・不要品の魅力

・不要品の再利用

その他 FENDIのCARMINA(デザイナー)もすべての材料を再利用で作ってる

【MOVIE】
・Real Striper
Make Something from Nothingというコピーがすてき。
サウンドクリエイターのスズキユウリさんによる空き缶をつかったインスタレーション。
http://yurisuzuki.com/works/make-something-from-nothing/



8)Freak & Science(奇妙さと科学的アプローチ)


【MOVIE】
油や酢に砂鉄を混ぜたものをマグネットで動かしている。
有機的で奇妙な動き。

【例】
・vardapoteket 臓器とかをカラフルにデザインしたもの
・Iris van Herpen x United Nude モンスターの歯のような靴
・Prickly Lamps

【地域例】
・北京「Black fungus Juice(黒カビジュース)」
・ロンドン「What men live by」
・東京「タニタ食堂」

【まとめ】
・科学的、生物学的なアプローチ
・真実をさらけ出す
・喚起と暴露の間にある創造的領域

【MOVIE】
・DONATE 献血?ビデオゲームみたいなキャラクターがでてくる。


----
ムムムム難しかった。
話の内容はだいたい解るのだけど、早い!
メモ追いついてない。
タイトル書くので精一杯。
あとから検索してできるだけリンクとかのせときました。

ブログランキング このエントリーをはてなブックマークに追加