8日目はリサーチ結果をどのように活かしていくかの授業です。

4P for Society(People、Place、Plan、Project)についてとか。
先生はLucia。この人の英語、単語から難しいんです。
なんか、わけ解んなすぎて泣きそうになりました。(この日が一番難しかった……)


頭が混乱してたもんだから、メモもめちゃくちゃだけど、とりあえず、メモから。

--
Safe Path(王道?)
これやってたら大丈夫と言うポジティブなリザーブ(ルー語でスミマセン。)
見つけたものを、どこかを新しくして進化させて作り上げる。
5年:ミクロなトレンド 10年:マクロなトレンド
フレームワークの存在
シナリオをどう作り上げるか、仮説を立てる。

4Pについて


PEOPLE
自分が選択したターゲットを1〜2にしぼり、固有の特性を定義づける

PLACES
自分の国や住んでいる地域と、ミラノやイタリアを比較することで、新しいことを見つける。
NOT compulsory BUT コンパリー(ってなんだ!?)
ショッピングセンターでは?スーパーでは?
国、市、もっと狭く。

PLANS
ターゲットのパブリックやプライベート(ある部屋や家)における日々の生活に関連して、トレンドを定義し、言及する

PROJECTS
観察(リサーチ、オブザーブ)した中で、一番大事だと思ったこと、いくつかのケースでインスピレーションを受けたことを利用して、自分が手がけるビジネスセクター(ファッションだとか、テクノロジーとかの分野)をアイデアターゲットと結びつける

どのシナリオがやりやすいか。リアルライフにどう当てはめるか。
大きいことから小さいことへ。

4Pの真ん中にあるのは、Opportunity

PEOPLE:(ターゲット)グループ
PLACE:イタリアの○○自分の国との違い。
PLANS:方向性、価値
PROJECT:自分のビジネスセクター

リサーチから


ケーススタディやリサーチはエビデンス(今回は撮影した写真やwebからの画像・情報)で伝える。
・ターゲットのプロフィール
・消費者の内側 コンシューマーインサイト
・ケーススタディの比較(他のターゲットとの比較、自分の国との比較)
・ターゲットは何に価値を置くか
人は何を探して、何を避けている?

PEOPLE:実生活の観察
人は何をもとめ、必要としているか?

PLACE:街の観察
人々は、どのような環境で、パブリックで、プライベート、家庭で生活しているのか?

PLAN:ビジネスにおける、マクロトレンドの方向性
自分が何を推したいのか。何に重きを置くのか。


PLAN→PROJECT


これから、自分が消費分野で提案したいものは?

・観察に基づくビジネスセクター
・ビジネスの仮説を立てる
・革新的な商品やサービス
・商品・サービスの名前と、ポイント
・理想的な環境を想像しよう
・将来的なパートナーは存在するか?

--
自分のメモがわけ解らん。後でもらったスライドで補充しました。
いまいち解らない授業だった……。
主に英語力の問題で。

要約すると、多分。
ミラノ中動き回って、自分が決めたターゲット(PEOPLE)をリサーチした結果、自分の国の同じような人とどのような違いがあって(PLACE)、どのようなことを彼らが求めているか、どのような仮説を立てて、どんな方向性でアプローチすべきか(PLAN)を考えて、自分のビジネスセクターにおいて、何らかの提案をしましょう。(PROJECT)

ってことなんだと思う。

その後、自分のリサーチから「PEOPLE、PLACES、PLANS」を簡単に先生に発表。
私は、「Livery Kidsを観察して、彼らが家族と同じような服装をしていた。Planは、おとなとして扱う」ってのと、「Pleasure Growersは、自分の力で行動をする。Planは体験」
ってのを単語を並べて言って、ビジネスセクターとかProjectを聞かれたので、「Application(アプリだったら企画立てやすいかなー?)」って答える。

Luciaには、KidsとGrowersへのアイデア出しはチャレンジングだわ。と言われる。
え、それぞれに提案するんだと思ってたけど、両方のターゲットに対してのひとつの提案か!
そりゃ難しいわ!
困ったなー。


ランチは学食の屋上テラスでみんなで。
最後の晩餐、この日のチケットを持っていたのだけど、既に見たので、誰かいる?
と聞いたら、みんな話聞いちゃいなくって、「最後の晩さん」って書いたメモをみて何これー!ってなり、ブラジルの子とコロンビアの子に、私と香港の子が二人で漢字を教える展開に。

最は、日がsunで、取がgetで、最がMAXだよ、って言ったら、「なんでそーなるのー?!」
んで、私の名前はどうなるの!?
って聞かれたので、グロリアさんには「区露利亜」アナさんには「亜菜」(香港では、菜はナと読まないので、香港の子は娜を提案)
露になんじゃこりゃーと言ってたので、雨がrain、路がload、露でrussiaって言ったらウケてた。

結局チケットは香港の子が行きたいというので渡して、午後からはプレゼン資料作り。
写真の整理でほとんど時間が過ぎた……。

---
この日は、午後も学校にこもってプレゼン資料作ってたので、写真はあまり無し。

部屋割り
学校での教室割。
日付表記(24/7など)が慣れなくていつもギクギク。

入口
入口はこんな感じ。

マップ
入口横に地図が。

オシャレポスター
キラキラ紙のポスター。
文字主体の広告物が日本より断然多いなぁという印象。カッコイイ。
んでも、漢字でこれやるのは違う気がする。アルファベットならでは。
なんだろう……。文字(アルファベット)がピクトグラムなんかの記号的なものとすごく相性がよくって、文字としてじゃなく、デザインの要素として、バチッとハマりやすいというかなんというか。
後日パンフレットとかポスターをまとめて記事かくつもりだけど、ヒッチコックの展覧会のポスターとか、良かった。

ピザ
Monterossoという立ち食いピザのお店がホテルの側にあり、2回ほど、お持ち帰りしてホテルで食べました。
このお店は話しかけられた時に「?」って顔してたら、英語でしゃべってくれる(笑)
4ユーロくらいだったかな。美味しかった。

スーパー
これだけお買い物して、たったの6ユーロ。
マカロニなんて、0.5ユーロだったよ……。小麦の関税どんだけかけてんねん。ってのをしみじみ感じました。
クロワッサンは、クロワッサン大好きな家族へのお土産。
向こうは、クロワッサンはお菓子とかと並んでて、賞味期限も数ヶ月だった。
ビックリした。そして、中にジャムとかチョコが入ってるのが多い。

ブログランキング このエントリーをはてなブックマークに追加