最終日はプレゼンテーション。

1)香港の子1人 sence girl
2)コロンビア+ブラジル posh teens
3)インド2人組 sence girl
4)インド1人 linker people
5)インド1人 イタリアで受けたカルチャーショック
--休憩写真撮影--
6)タイ 全体的にコーヒーまわり。unique sonsあたり中心かな
7)ロシア unique sons ヘルメットまわり
8)日本 Lively kids + Pleasure Growers
9)香港2人組 Lively kids


1)香港の子1人 sence girl


31才。クラウディア。
午後の電車でフィレンツェ(フローレンツ)に移動しなきゃいけないらしくトップバッター。
うさこと誕生日が一日違いで、去年大阪大阪に来たということもあり、一番仲良くしてもらったなぁ。
彼女の世代は、自分を香港人だと思うけど、5才くらいの子どもたちは、自分を中国人だと思ってる、と言ってたのがすごく印象的だった。

【発表内容】
香港とミラノの町や人の類似点、相違点などの紹介。
提案でアプリを2つ。
レシピのアプリと、なんか癒し系のアプリ。
センスガールだから、センスに、ってのがイイネ、と先生に言われてた。

2)コロンビア+ブラジル Posh teens


南米チーム。コロンビアの子は23才だったかな?ブラジルの子は29才。アナとグロリア。
コロンビアの子は、朝や別れ際の挨拶でハグ&キスするので、いつもドギマギしてた(笑)
「こねこちゃん」って日本語をしってた。猫好きらしい。
ブラジルの子は、お店とかも持ってる。いつもドレス&アクセサリーが素敵。お嬢様なんだろうなー。イタリア語も少しできた。(三カ国語か〜〜すごい)友達が大阪に住んでるらしい。
日本と言えば「Tokyo?」ってみんな聞いて来るんだけど、Osakaって言ってもみんなに通じる。
思ってたより知名度高い。オリンピックに立候補した過去があるから??(笑)

【発表内容】
自転車を利用する人が多いのに10代で自転車 乗ってる子はいないので、10代の子が自転車を乗るための提案。
10代の女の子は一人に声かけてもすぐよって来るので、ふたり乗り自転車とか。
このプレゼンすごく良かった。

3)インド2人組 sence girl


チャクシュとアイーナ。
初日に声をかけてくれたふたり組。たまにガムもらったりも。
ヴェネツィアいく時に駅で出会った二人なんだけど、翌日二人は学校をやすんだ(笑)
ベネツィアに泊まって月曜も観光していたらしい。
度胸あるなー。

【発表内容】
インドとイタリアの違い。
建物の細かな装飾は似てるところもあるよ、と。
あと、センスガールのアクセサリーなど。提案はなかったかな。


4)インド1人 linker people


最年少22才。カヴァリちゃん?
ベジタリアン。ガネーシャのネックレスをつけてた。
直前までPCルームで作業してはった。

【発表内容】
linker peopleについてで、提案でチャームを追加できるブレスレット。
インドの貧しい人たちのことや、その人たちのできる仕事なんかも提案してて、若いのにしっかりしてる提案だった。

5)インド1人 イタリアで受けたカルチャーショック


この子も午後から移動らしく、大きな荷物をもって出席。
23才だったかなー。ディビア。寿司(特にサーモン)が好きで、日本食他にも教えて!って言ってたのに教えられなかったのが残念。

【発表内容】
提案は無く、インドとイタリアの違い、というかイタリアでうけたカルチャーショックたち。
先生方は提案とかも聞きたかったと言ってたけど、個人的には、インドのカルチャーをしることができて面白かった。
街中でイチャイチャしてるのに衝撃うけた、とか、炭酸水にびっくりした!とか、バスのちがいとか、路上でお酒飲むなんて!とか、そういうの。

--休憩写真撮影--

6)タイ 全体的にコーヒーまわり。unique sonsあたり中心かな


唯一の男の子。エック。タイ人だけど、中国系。
建築デザインをやってて、秋からドムスの本科に奨学金で留学するらしい。イイナー
みんなへのメール連絡をやってた真面目な子。
日本にも3回来そうな。(大阪、東京、北海道←北海道の知名度高い。香港の子も行きたがってた)

【発表内容】
イタリアのコーヒー事情で、unique sonsあたりの消費を伸ばすための提案。
スマホ画面をバーのカウンターで表示させるもの。
スライドがめっちゃ格好良かった。

7)ロシア unique sons ヘルメットまわり


イレーナ。ファッションのリサーチしてるっていってたかな。
あんまり輪に入らない子だったので、多くはしゃべってないけど。

【発表内容】
unique sonsがバイクにのっている、そのヘルメットをピックアップして提案。
ヘルメットが執事的な役割を果たしてくれる。
イタリア向けの提案と、ロシア向けの提案を分けてたな。

8)日本 Lively kids + Pleasure Growers


36才。一番歳とってるくせに、英語がまともにしゃべれない日本人。
毎日2〜30分前に教室に一番乗りしてて、遅刻も欠席もせず、先生の出した課題も数量までキッチリこなす。ああ日本人、って感じ。
そう、つまり、うさこね。

【発表内容】
Lively kidsとPleasure Growersについてのリサーチとお出かけアプリ。
お出かけアプリのお年寄りと子どもの名前はニューシネマパラダイスのトトとアルフレッドを使ったけど、全然反応なかった。(イタリアだから通じると思ったのに!)
サルバトーレにした方が良かったかしら?

前日の魔女以外の3人の先生がコメントくれた。
一人目の先生:アプリの実現はデンジャラスなところもあるけど、ミラノで若者よりも元気なPleasure Growersと、Lively Kidsは、ミラノのキーポイントで、それらに着目するのは良い。
二人目の先生:机上、フィールドワーク共に全てを押さえてある完璧なリサーチ。perfect!
三人目の先生:一つ質問していいかしら?タブレットなどをkidsは今使うことはできないけど、将来的に使うかもしれない、▽○×※☆◎△□……(全く解らんかったのでテキトーに頷いてた。ごめんなさい。インドの英語本当に聞き取るのが難しいの)

9)香港2人組 Lively kids


香港の大学生ふたり組。
この子たちも初日に声をかけてくれた。二人で行動してたから、輪に入ることは少なかったけど、隣の席になることが多くて、それなりにしゃべったかな。

【発表内容】
Lively kidsを中心に。
ロンドンでの子どものファッションショーなどの写真も。
大人っぽい格好をするというところ。


これで全員終了。
このあと、ひとりずつ修了証が手渡されました。
またみんなで写真をとって、バイバイ。
夜ごはん7時くらいにみんなで食べにいこう、っていってたのだけど、8時くらいになっても連絡無くて寝ちゃったら、9時頃、9時半に集合だよ、ってメールが来てた。
ので、最後のみんなとのごはんはできず。

午後は、郵便局で日本への絵はがきを送り、その後フェラーリショップに父と義理父へのお土産を買いに行く。
翌日の土曜はもう、充分に歩き回ったミラノで、まだ行けてないところに行くのと、ミラノ料理何か食べなきゃ!お土産もまだぜんぜん買えてないし。

プレゼン資料


presentation
Google Mapsはキャプチャとかで使っちゃダメなので、ぼかし。
presentation2

presentation3

presentation4

presentation5
Lively kidsは大人のように振る舞う。
presentation6
Lively kidsは親と似た服を着ている。
presentation7

presentation8

presentation9

presentation10

presentation12

presentation13
Lively Kidsはサッカーが好き。家族でサッカーを楽しむ。
presentation14

presentation14

presentation15

presentation16

presentation17
あ!Title差し替えるの忘れてる!
presentation18
Lively Kidsは大人のようにふるまう。
presentation19

presentation20

presentation21

presentation22

presentation23

presentation24

presentation25

presentation26
Pleasure growersは自分でやるのが好き。
presentation27
Pleasure growersは、乗り物、特に自転車が好き。
presentation28

presentation29

presentation30

presentation31

presentation32

presentation33

presentation34

presentation35

presentation36
Pleasure growersは料理を楽しむ。
presentation37

presentation38

presentation39
SOCCERの綴り間違ってるし、学校が単数形だし、MilanとMilanoまざってるし。(英語はMilanでイタリア語がMilano)でもキニシナーイ。
この辺具体イメージが3ページほどあったのだけど、GoogleMaps使ってたので割愛
presentation43

presentation44
そんな感じ。

修了証
これが修了証です。ま、みんなもらえるんだけどね。

郵便局へ


受付番号

この機械のボタンを押すと、番号表がでてきます。
イタリア語解らないけど、絵はがきを出すので、これだろう、と封筒マークを押しました。
イタリアに来てしみじみ感じたことの一つ。「ピクトつけてくれてありがとう!!」
ピクトのありがたみをすごく感じる。これは見習いたいところだなと思った。
絵だけで通じるデザインは世界共通だもんねぇ。

受付票

番号札。
ワンポイントの封筒マークが可愛い。

待ち合い
こんな感じで番号がともります。
日本と一緒やね〜

自分の番号がともった窓口に持って行って、絵はがきを差し出す。
「Giappone?(日本のイタリア語)」っていわれたから「Si. Giappone」と答え、のんびりとまどぐちのおばちゃんが処理するのを見守る。
切手を貼る場所にGiapponeと書いてたみたいで、別の場所に書いて、ってのをイタリア語で言われた(気がした)ので、書く。
その間、おばちゃんは絵はがきの裏を一枚ずつ見ながら、隣の席のおばちゃんに「日本に出すんですって。えーと、ベネツィアでしょ、フィレンツェでしょ、ダヴィンチでしょ……」と、絵はがきを見せてるのがおかしかった。イタリア語は解らなくても、固有名詞全部解るから通じたの。
のんびりした国だなぁ。

ポストと郵便局外観

落書きだらけです。
黄色にブルーが郵便局のカラーみたい。
ポストの色は、赤と、青もありました(国際郵便が青だったかな?)
なんにせよ、落書き半端ナイ……

ブログランキング このエントリーをはてなブックマークに追加