4月27日はいよいよ夏野菜の苗を植えます。
それだけでなく、始めての収穫もできました。

小さいときから実家で畑を手伝っていたとはいえ、トマトだのトウモロコシだのキュウリだのの大物が多かったので、収穫には月単位でかかると思っていたのですが、植えて一月でもう収穫です。


場所決め掘る
うさこ畑の植える夏向け野菜は、「ミニトマト」「プチピーマン」「青なす」「ミニキュウリ」「生姜」です。
まずは日当り等を考えながら場所を決めます。
次に、15cmくらい(だったかな?)の穴を掘ります。

元肥押さえる
穴の中に元肥を入れて、少し土をかぶせ、苗を植えてしっかり押さえます。
水がしっかり溜まるように、苗のまわりは半径10cm程度のへこみができるようにします。

水やり支柱
作った穴に水たまりができるくらい水をあげて、植え付け完了!
とにかくハルカスファームは風がきついので、初めから支柱をつけます。

生姜は芽が上になるように植えますが、土の中に埋もれちゃうので、植えた場所が解るように、溝を作っておきます。

成長ラディッシュ

ラディッシュとカラシナの間引きをしようとしたら、一つ成長したラディッシュが!
間引きのカラシナと合わせて、ハルカスファームでの初収穫です。
一つだけだったので、晩のサラダでうさ夫のお皿に入れました。
一月で収穫できるんだねぇ。
早い!

ブログランキング このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:野菜作り