会社員とは違って育休がないため、産後2ヶ月で仕事完全復帰しました。
3ヶ月保育園を利用しての感想です。

デメリット


1)費用がかさむため、8〜18時の10時間利用。
17時に会社を出てお迎えへ。実質1時間の時短。仕事がテンパってるときはきつい。
帰ってきてからはご飯やお風呂でバタバタだし。

2)片道徒歩20分。雨の日は特に送り迎えが辛い。
風邪ひいて熱出してる時さらに土砂降りで、うさ夫に遅刻しつつも送ってもらい、タクシーで迎えに行ったこともあります。2回自分がダウンしてどうしても無理で、遅刻させたなぁ。
かーちゃんの体調は家族全員に影響するって学びました。

3)朝がとにかくバタバタ。
6時に起きて朝ご飯とお弁当作って、朝ご飯食べて、お鍋や炊飯器洗って(食器は食洗機)、ちびうさに授乳して、着替えさせて、体温測って、連絡帳残り書いて、自分の歯磨きと着替えとメイクとして、7時25分から「デザイン『あ』」を見せて(笑)7時半に自宅を出ています。
12月から離乳食が始まったので、その準備もあり、5時40分起きです。夜は10時には寝てます。(夜間授乳やオムツで2〜3回起きる。)

4)単純に成長をそばでずっと見てられないのは切ない。
会社員だと手当もらいながら半年以上つきっきりですもんね。
やっぱり子供産むなら会社員最強。

5)休むともったいなく感じる。
そこそこのお値段がするので、風邪ひいいて一週間休んだり、予防接種で休んだりすると、なんかお金がもったいないような気もしてしまう。あんまり気にしてないですけどね。

6)事故が怖い
自宅でも認可保育園でもありますが、お昼寝中にSIDSで亡くなる、という事故はニュースでありますよね。
それがなんといっても怖いので、呼吸のセンサーを付けたまま預けています。
保育士さんも理解してつけたままで過ごさせてくれてるのは感謝。


メリット


1)仕事に集中できる。週に1〜2日は子供の横で仕事をする、という形を取っているのですが、授乳だオムツだ、遊んで〜だで仕事が細切れになります。
特に寝返りし始めてからは目が離せなくなり、むしろ仕事しながらの方が危険に思えて、週3→4に増やしました。やっぱり仕事は仕事、こどもの相手は相手、って集中できるのはいい。

2)他人の目があるので安心。
月に一度は身体測定。身長は自宅でも測れるけど、体重がわかるのは嬉しい。(自宅体重計だとだいたいしかわからないので)
風邪をひいた後も咳の様子を見てくれたり、成長を一緒に見てくれているので子育て初心者には安心です。これ、かなりのメリットだと思います。
寝返りなんかの成長も一緒に見ててくれる人がいるって嬉しい。
なんせ初めての子育てなので。
週一くらい、仕事してない人でも定期的に預けられたりしたら、安心できる人多い気がする。

3)認可外ですが、働く人の目線でシステムを作ってくれている。
おむつ、おしりふき、ミルクはなくなったら持っていくシステムですが、バスタオル、着替え、スタイ、タオルは、洗濯まで保育園内でやってくれます。はじめに何枚か渡しておくだけ。
認可だとオムツのゴミを持って帰らないといけないところもありますが、それもなし。
抱っこ紐もベビーカーも保育園に置いたまま出勤できます。
保育園も放ったらかしで遊ばせておくだけではなく、絵本の読み聞かせや英語の時間なんかもあるそうです。(0歳なのでキョトンとしてるだけらしいですが)

4)成長にあったおもちゃ
おもちゃって結構買うのも大変だし、ボールプールや夏のプールといった大物はとてもとてもおうちには置けません。
そういったものも保育園にあるのでよかったなと。
マンションの一室なんですが、ワンフロア全部で結構広いんです。
ベランダもかなり広くて(10畳以上ある)、そこにプールを出したりしてくれます。

5)連絡帳
睡眠やミルク、オムツの様子などきっちり記録してくれています。
家庭での様子も書くので、大きくなった時に見返したら成長が見えて面白そう。

6)搾乳に対応してくれる
2ヶ月から預けて仕事って、もう、なんというか罪悪感大きいんですよ。
それを和らげてくれるのが私にとっては搾乳なのです。
休み時間に一生懸命搾乳して、次の保育園に備える、と。
保育園でのミルクタイム2回のうち、1回は冷凍した搾乳で対応してもらってます。
小規模で乳児が少ないからやってもらえることかなぁと思います。

ブログランキング このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:子育て